空海
空海記念統合医療クリニック

104-0061 東京都中央区銀座7-13-12 サクセス銀座7ビル8階 TEL 03-3543-0070 FAX 03-3543-0090

診療のご案内

文字サイズ
標準
拡大

当院の診療内容

当院の診療内容

当院では、現在の医学・医療では治療が難しい、がんを始めとするさまざまな病気に対して、古今東西の数多くの治療法から有用なものを選択し、組み合わせて治療します。

第一に重要なのは、西洋医学的な診断学にもとづく、正確な病名と病態の診断です。当院を受診するまでに行われた、さまざまな検査の結果と治療の内容とその効果などを十分に把握した上で、今後の診療を計画します。

計画した診療の内容については、紹介元の主治医の先生にお知らせし、緊密に連絡をとりながら、治療効果が十分発揮されるように、徐々に修正していきます。時には主治医の先生がご存じない、有用性の高い治療法を新たに提案することもあります。

当院の役割は、がんそのものを攻撃するのではなく、患者さんが本来持っている自然治癒力(病的状態から正常状態に回復する力)を発揮させ、攻撃的治療の効果が十分得られる条件を整えることにあります。

西洋医学的な攻撃的治療は、しばしば副作用や後遺症を引き起こしますが、漢方と鍼灸を中心とする東洋医学により、その多くが緩和されます。その結果、計画通りの治療が可能となり、治療効果が高まります。

攻撃的治療による心身のダメージが軽減されると、栄養状態や免疫状態が回復して高く保たれ、患者さんは苦痛の少ない状態で長期間元気に生活できます。そして中にはがんを克服する患者さんもいるのです。

当院の診療内容

具体的な診療の流れは、次のようになります。

持参された紹介状と画像や血液などのデータを整理して、患者さんの病態を十分に把握します。

当院でさらに血液・尿・X線・超音波・身体組成・筋力・自律神経などの諸検査を行って患者さんの状態を評価し、その改善のために必要な薬剤、補充すべき栄養素、および生活習慣上の問題点を明らかにします。

ほぼすべての患者さんに漢方薬を投与しますが、問診・視診・脈診・腹診などの漢方医学的な診断を行って、最適な漢方薬を決定し処方します。さらにしびれ、冷え、全身倦怠感などが強い患者さんに対しては、鍼灸治療を併用します。

これまで行われていない新たな治療法(血管内治療、ラジオ波焼灼療法、ガンマナイフ、サイバーナイフ、腹腔内化学療法、腹水濾過濃縮再静注法、粒子線治療、骨セメント注入療法、温熱療法、細胞免疫療法など)のうち、有用性が期待できるものがあれば、当院から主治医の先生に提案し、最善の治療法を構築します。

漢方薬以外に、必要な新薬、不足する栄養素(亜鉛や鉄)を通常1ヶ月分処方し、さらに有用なサプリメント(抗がん生薬、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質など)の摂取をお勧めします。そして1ヶ月後に再受診して頂き、症状と検査値の変化に基づいて、必要があれば処方内容を修正します。患者さんに合った「漢方薬+アルファ」が決まれば、その後は2〜3ヶ月毎に通院して頂き、検査により状態をチェックしながら、治療を継続します。

同時に、がん患者のほぼ全例にみられる、冷えと「気・血・水」のめぐりの悪さを引き起こしている生活習慣を改めるために、さまざまな指導(飲食物、運動、呼吸法、簡易温熱、祈り、瞑想、ヨーガなど)を行います。特にからだを冷やす飲食物(果物、生野菜、ジュース、牛乳、酢、ビール、白ワイン、炭酸飲料など)、運動不足による筋力低下や血流の停滞、浅い呼吸による酸素不足、ストレスによる交感神経の緊張などを是正します。

がん治療における統合医療の役割

鍼灸治療

鍼灸治療

がん患者さんの多くは、抗がん剤の副作用として起きる末梢神経障害(手足のしびれ・痛み・脱力・麻痺)に苦しんでいます。そしてそのつらさのために化学療法の継続を断念する患者さんも少なくありません。

鍼灸治療は、古くから冷え・痛み・しびれなどの症状の緩和に用いられてきました。実際に抗がん剤による末梢神経障害(しびれや麻痺)の患者さんに鍼灸治療を行ってみると、症状の改善に極めて有効であることがわかりました。

当院で行う鍼灸治療は、通常巷間で行われている「経絡病」を治療する鍼灸治療とは異なる、黄帝内経「霊枢」に記載された「臓腑病」の鍼灸治療です。抗がん剤は生体システムの中枢を障害しますので、それによる手足のしびれは臓腑病ととらえて治療する必要があるのです。

当院で行う鍼灸治療は、抗がん剤による手足のしびれ以外に、がん患者さんによく見られる関節や筋肉などの痛みや、冷えやだるさなどにも有効です。鍼灸が免疫システムを活性化するという報告もあり、長期的に鍼灸治療を繰り返すことにより、がん自体が抑制される可能性もあります。

鍼灸治療料金表

セカンドオピニオン

当院のセカンドオピニオン外来は、通常のがん専門病院で行われている各科専門医によるセカンドオピニオン外来とは異なります。

がん患者さんの病態はさまざまであり、したがってワンパターンの治療では成功しません。古今東西の数ある治療法の中から、それぞれの患者さんに応じて有用なものを取捨選択して、治療を組み立てる必要があります。

当院のセカンドオピニオン外来では、患者さんが持参された診療情報提供書・血液検査や画像のデータ、服薬内容を検討した上で、それぞれのがんに対する攻撃的治療法について提案するだけでなく、漢方・鍼灸、食餌、運動、温熱、呼吸、心のコントロールなど、がんの闘病に役立つさまざまな治療法を説明します。

ご予約はお電話でおとりください(電話:03-3543-0070)。

受診されるまでに、主治医の先生に診療情報提供書・血液検査や画像などのデータを作成していただき、お薬手帳とともにご持参ください。

セカンドオピニオン料金表

多目的ホール(教育と学びの場)

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

当院には、通常の医療施設にはない、広さ25坪程のユニークな「多目的ホール」があります。このホールの目的は、がんをはじめとするさまざまな難病を克服するために役立つ、さまざまな治療法や生活改善の方法を指導し、患者さんやご家族に学んでいただくことにあります。

当院では、病気はその根本原因にまでさかのぼって対処しなければ、真に治ることはない、と考えます。したがって、皆さまの病気の背景となっているさまざまな問題点を明らかにして、説明と指導を行います。患者さんやご家族には、それらを十分理解し、是正していただく必要があります。

その目標は、飲食物、運動、簡易温熱、サプリメントなどをはじめ、音楽・瞑想・呼吸法・ヨーガなど、ひとり一人の患者さんに合ったさまざまな補完的治療法によって、心身の調整をはかり、自律神経・免疫・内分泌系を最適にすることです。

多目的ホールでは、スケジュールを決めて、音楽療法、瞑想、ヨーガなどの指導を毎日行います。また、がん研有明病院および当院において、統合医療により劇的に快復した多くの患者さんの事例を、パネルなどでご覧いただきます。

※多目的ホールのスケジュールはお問い合わせください。

受診の手続き・診療時間

当院の受診を希望される方は、現在診療を受けている主治医の先生と相談された上で、当院宛の紹介状を書いて頂き、初診日のご予約、「受診申し込み用紙」をご送付のうえ、検査データ等をご持参ください。

※詳細はアクセス・ご予約のページをご覧ください。

診療時間

選定療養費(予約料)

当院では、「選定療養費(予約料)」として、初診時3万円、再診時1万円を設定しています。これは患者さんに質の高い医療を提供するために、健康保険による医療費の自己負担分とは別に、お支払いいただくものです。

当院では、通常の標準的な診療に加えて統合医療によるさまざまな治療を行い、プレミアムな診療を提供します。さらに闘病に役立つさまざまな知識や技術を学んでいただき、がんの転移や再発の予防をめざします。選定療養費の一部は、それらのために用いられます。

選定療養費(予約料)をいただくにあたっては、患者さんを30分以上お待たせしないこと、診察に十分な時間をかけること、などの規定があります。

また選定療養費(予約料)は、「医療費控除」の対象とはなりませんので、その領収書は通常の医療費分とは別に発行いたします。

選定療養費(予約料)